ダットサンのメンテナンス・車検・整備。クルマのワンストップサービス会社

お問い合わせ

燃料タンクコーティングサービス

旧車オーナーの方へ質問です。「愛車の燃料タンク内部を点検したことがありますか?」

 

  • 汚れてる

  • サビ取り後

  • コーティング後

  • 完成時

 

キャブやエンジンの心配はするのになぜか燃料タンクの点検はしたことが無いという方も多いのではないでしょうか。
新品のフューエルフィルターさえ付けていれば「燃料系統」のトラブルが完全に避けられると思い込んでいませんか?
すでにエンジンに不調の兆候が出てきていて「もしかして…燃料タンクが?」なんて思っていらっしゃる方もおられるのではないでしょうか。


新車を購入されたのであれば、まったく問題ありません。古いクルマの場合、購入時に過去の保管や使用状況がわからないケースが多く例えば、放置されていた期間が長く燃料が腐敗することで燃料タンク内部で燃料自体が変質して汚れやサビを短期間で発生させるといった現象を起こす事例も数多く確認されています。
また、車両のために良かれとの思いから粗悪なケミカル類(水抜き剤・燃料添加剤など)を燃料タンクに入れてしまうことでも同様の症状を急激に加速する、といった現象も弊社では確認しています。度重なるそれらの悪循環により燃料タンク内にサビや燃料が変性した物質が発生していきます。


こういった汚れは固形化して燃料タンク内部の壁面に強力に吸着します。そして一部が砕けて非常に細かくなり高性能なフューエルフィルターでも拾いきれないほどの微細なサイズとなって燃料と一緒にエンジンへと吸いこまれてゆきます。やがてフィルターだけでなく燃料パイプを詰まらせたり、キャブレターやエンジン内部へ吸い込まれることにより最終的に「エンジン停止」或いは「不調」といった様々な具体的な不具合の症状を引き起こします。

 

さらに症状が進み過ぎて、燃料タンク外壁に少しでも穴が開いていたりすると最悪の場合、乗員に危険が及ぶ事態も考えられます。「燃料タンクコーティング」はその様な事態が起こってしまった為に、出先でアクシデントを起こし、現地にて自走不可能になる様なトラブルを未然に防ぐだけでなく、安全に旧車生活を楽しんで頂くためのご提案です。
また、キャブレターやエンジンだけをいかに調子よくメンテナンスされていたとしても燃料経路が詰まっては本来の調子が引き出せないことは、ご理解頂けるかと思います。
ツーリングやイベントでの帰り道、そして毎日の通勤など、出先でトラブルになってしまう前に愛車の燃料タンクにてお試し下さい。特に、部品の製造廃止などで新品で燃料タンクが購入出来ない車種の方に人気のサービスとなっております。タンクゲージ・ユニットの補修もお受けしております。「車検」や「点検・整備」とセットで作業する事も可能です。
日本全国より国産・外車問わず、ご依頼件数200例を超える施工実績がございます。(2018年9月時点)


経験豊かな専任スタッフが施工にあたりますので、安心してお任せください。施工の難度が高く、他社様でお断りされてしまったタンクでも諦めずにご相談下さい。